別れ際の立ち振る舞い方について

セフレ関係と言えども、別れ際の立ち振る舞いは非常に大切です。
インタ-ネットを通じて知り合った異性に対して、とつぜん音信不通となるケ-スは多々耳にしていますが、これは対人関係の礼儀作法としてはNGです。
ですが「割り切り関係」であった事は事実ですから、恋人との別れの場面のような態度は不要です。
セフレとはあくまで双方合意の上に成立する関係ですから、片方が終わりを告げれば、他方はそれに従うのがル-ルなのです。

あくまで身体だけの関係のセフレですから、一般的な男女交際と比較しても、相手に飽きる時期は早い傾向があります。
これは後腐れが無い利点と捉える事が出来ますし、経験者になればそれだけ、相手を交換するサイクルも短くなる傾向が見られます。
ですがネットで見ず知らず同士が知り合ったのとは違い、元来友人関係だったのがセフレに進展した場合などは、
双方がしこりを残さぬ状況で、この関係をクリアにせねばなりません。
いきなり終わりを告げるのではなく、徐々に距離を空けて行く事が望ましいでしょう。
会うサイクルを徐々に長く減らして行けば、自然消滅させる事も十分可能です。
これは一般的な恋人関係とは異なり、片方が拒否出来るモノでもありません。

負担から私生活とは切り離した部分でセフレ関係を維持しておけば、別れの際にも安全手軽で居られるハズなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です